地域格差がなくなるのか

これまでの社会には様々な面において地域格差が存在してきました。物質や情報の流通についてや教育についても地域格差が存在するように思います。現実に、大学受験を目指す大手予備校は、都心や地方都市であっても比較的大きな都市にのみ存在していて、地方から大学合格を目指している浪人生は下宿をして予備校へ通院することがおきています。 高校に関しても、東大・京大に毎年入学する学校には東京・大阪の有名高校が多く、中には全寮制をしいて地方の学生が在学している状況もあります。これらの状況からは、よい教育者やよい環境は都会に偏っていると言わざるをえないでしょう。 けれども、昨今のIT技術が進んだことにより、タブレットや無線を利用することによって、都会で行われている授業をタイムリーにどこでも受けることができるようになり、地域であろうとどこにいても、質の高い教育に触れることができるようになってきています。 今後さらに技術の進歩によって境域の地域格差は埋められていくことでしょう。