ネット環境で授業に変化

今はネット環境によって授業に大きな変化がおきています。これまでの授業では調べるといったことは、辞書であったり先生であったり、友達に聞くといったことが当たり前だったのですが、今はネットで簡単に調べられてしまうようになりました。これもネット環境が授業でも使えるようになってきたところが増えたからです。今はワイヤレスでもネットに接続をすることができるので、モバイル端末などの情報端末があればそれで何でも調べられてしまいます。 少し前まではネット環境はLANケーブルがなければなりませんでしたから、ネットにつながっているパソコンぐらいしかネットを利用することはできませんでした。そのため、ネットを使用するには、そのパソコンのところまで行って調べるといったことが必要でした。このため、それほど利用者はいなかったともいえるのですが、モバイル端末で常時利用可能となったこのネット環境の変化が大きく影響をするようになりました。何しろネット上では一冊の辞書よりも、先生の知識よりも格段に情報量の多い情報が入手をすることがでえきるのです。場合によっては先生の講義以上のものを入手することも可能となってしまいます。 そのため、テストといったようなことも大きく変わってきました。テストのときには、そういった情報端末を持っていないようにしたりもするようになってきました。ただ、こういったネット環境があればテストの答えも調べればわかるということがほとんどですから、今後はこのネットをどう利用していくのかを教えるといったことも行われるようになっています。 何しろネット上では世界中の情報が飛び交っていて、それらをいつでも見ることが出来るのですから、その情報量はけた違いです。先生に質問しても答えられないことが、ネットで質問をすると答えがでるようにもなっているのですから、これをうまく使えるかそうでないかというのは大きな違いとなってくることになるのです。

学習速度の違いでは

今ではプライベートでタブレット端末を利用されている方が増えていますが、今後タブレットは教育現場に → 詳しくは・・・