教育事情の変化が大きな理由

最近では教育の現場に広くITが導入されるようになって、教育事情が大きく変化しようとしています。教育の現場にITが導入されることになったのは、教育事情が変化したことが主な理由としてあげられます。まず大きな教育事情の変化としてあげられるのが、IT教育の必要性が社会から求められるようになったことです。近年ではあらゆる仕事においてコンピューターを活用する能力が求められるようになってきました。そのために学校においてもコンピューターを扱う基本的な技術を学ばせることが求められています。そのためにコンピューターを学ぶための専門の教室が設置されています。こうした教室を利用してコンピューターの初歩的な操作の仕方や、基本的なソフトの使用方法などを生徒が学習します。その一方で教育の現場にITが導入されるようになった教育事情の変化は外部の事情だけでなく、内部の事情によってももたらされています。数十年前と比較して国内では生まれてくる子供の数が減少していることから、より一人一人を大切にした教育が求められるようになっているのも教育事情に大きく影響しています。現在ではより多くの子どもにわかりやすく授業を教えるための手段として、ITが広く活用されるようになっています。これまでの教科書と黒板を使用して教えるだけの方法とは異なり、ITを使用することによって、よりわかりやすい授業が可能です。パソコンのモニターを通して視覚的に教える対象となるものを提示することにより、生徒により明確に事物を理解させることができます。これまでは写真でしか見せられなかったものを、動画などの形で見せることで生徒の理解をより助けることが可能になっています。また双方向で使用できるような教材を用いることで、教師が一方的に何かを教えるのではなくて、一人一人の生徒の理解を確認しながら授業を行うことができます。こうしたものを使用することで、より多くの生徒に積極的に授業に参加させる狙いがあります。

義務化するのか選択性か

教育の場でIT機器の活用を義務化するのか活用するのかというのは議論のあるところではります。ですが、IT機器は → 詳しくは・・・